Skip Navigation Links

Vietjet Thailand:危険物の輸送

  

お客様または乗務員による危険物持ち込みのVietjet Thailand規定       

機長に所在地を報告する必要あり

機内持ち込み荷物として許可

 

受託手荷物として許可

 

 

運航会社による承認が必要

 

 

 

アルコール飲料:小売向けに包装され、5Lを超えない容器に入った、アルコール度数が24%超70%以下未満、かつお一人様あたりの正味総量が5Lまでのもの。

いいえ

はい

はい

いいえ

厳重に梱包された弾薬(武器としての使用を目的としたカートリッジ):(区分番号1.4S、UN 0012またはUN 0014のみ)お客様自身によるご使用を目的とし、お一人様あたりの総量が5kgを超えないもの。お二人様分以上の許容量を1つまたは複数のパッケージに同じ手荷物にまとめてはいけません。

禁止

雪崩救助用バックパック:お一人様につき1つとし、区分番号2.2に記載の圧縮ガスのカートリッジを含む。正味200mg以下の区分番号1.4Sの圧縮ガスを含有する発火トリガー機構を装備することもできます。バックパックは、誤って起動しないように梱包しなければなりません。バックパック内のエアバッグには、圧力リリーフバルブが取り付けられていなければなりません。

禁止

リチウム金属電池、リチウムイオン電池またはバッテリーを含む、予備の電池または使用中でない電池:携帯用電子機器用の場合は機内持ち込み手荷物としてのみ輸送可能です。電力供給を主な用途とする物品、例えばパワーバンクは予備の電池とみなされます。これらの電池は、短絡しないよう個別に保護する必要があります。

いいえ

いいえ

はい

いいえ

キャンプ用コンロおよび引火性液体燃料の燃料容器:燃料タンクおよび/または燃料容器は空であること。

禁止

化学物質モニタリング装置:化学兵器禁止機関(OPCW)の職員が公用で渡航する際に輸送する場合。

禁止

無力化装置:催涙ガス、唐辛子スプレーなど、刺激物や身体機能を奪う物質を含む道具の携行、受託、機内持ち込みは禁止されています。

禁止

ドライアイス(二酸化炭素、固体):本規則の対象外の生鮮食品を受託手荷物または機内持ち込み手荷物内で梱包している場合に、手荷物(パッケージ)から炭酸ガスが放出される場合は、1人につき2.5kgを超えない量で使用してください。受託手荷物には、「ドライアイス」または「二酸化炭素、固体」と記載し、ドライアイスの正味重量またはドライアイスが2.5kg以下であることを示さなければなりません。

はい

はい

はい

いいえ

電子タバコ(電子シガー、電子パイプ、その他の個人用吸入器を含む)は、偶発的な起動を防ぐために個別に保護する必要があります。

禁止

 

電気ショックを与える武器(爆発物、圧縮ガス、リチウム電池などの危険物を含む物品、例:テーザー銃)の機内持ち込み、受託、携行は禁止されています。

禁止

燃料電池:携帯用電子機器(カメラ、携帯電話、ノートパソコン、ビデオカメラなど)に電力を供給する燃料を含むもの。

いいえ

いいえ

はい

いいえ

予備の燃料電池カートリッジ:携帯電子機器用。

いいえ

はい

はい

いいえ

小型で非可燃性のガスカートリッジ:区分番号2.2に含まれる二酸化炭素またはその他の適切なガスを含むもの。小型カートリッジを最大2個装着した自己膨張式安全装置:救命胴衣またはベストなど。お客様1人につき最大2個の予備の小型カートリッジ。他の装置では、最大50mLの容量のカートリッジ4個まで。

禁止

非可燃性、非毒性のガスシリンダー義肢の操作を目的とするもの。また、旅程を通じて適切な供給を確保するために必要な場合は、同様のサイズの予備シリンダー。

いいえ

はい

はい

いいえ

炭化水素ガスを含むヘアカーラー:安全カバーが発熱体の上にしっかりと取り付けられている場合のみ、お客様または乗務員1人につき最大1個まで。ヘアカーラーを機内で使用することはできません。またカーラーの詰め替え用ガスは、受託手荷物や機内持込手荷物には入れられません。

いいえ

はい

はい

いいえ

発熱する物品:水中灯(ダイビングランプ)やはんだごてなど。

禁止

冷凍液体窒素を含む断熱包装(断熱容器):非危険物のみを含む多孔質材料に完全に包んだ状態。

禁止

内燃機関または燃料電池エンジン:A70に準拠するもの。

禁止

エネルギー効率の良いランプ:個人用または家庭用に小売包装されている場合。

いいえ

はい

はい

いいえ

リチウム電池:リチウム電池を含むセキュリティタイプの機器

禁止

リチウム電池:リチウム金属またはリチウムイオン電池または電池を含む携帯用電子機器携帯型酸素濃縮器(POC)などの医療機器やカメラ、携帯電話、ノートパソコン、タブレットなどの家電製品など、個人的な使用のためにお客様や乗務員が携行する場合。リチウム金属電池の場合、リチウム金属の含有量は2gを超えてはならず、リチウムイオン電池の場合、電力消費量は100Whを超えてはなりません。

いいえ

はい

はい

いいえ

予備、または使用中でないリチウム電池:消費者向け電子機器およびPMEDの場合はワット時定格が100Whを超えるが160Wh以内とし、PMEDのみの場合はリチウム金属の含有量が2gを超えるが8g以内のもの。最大2本の予備電池を機内持ち込み手荷物に含めることができます。電池は、短絡を防ぐために個別に保護する必要があります。

はい

いいえ

はい

いいえ

 

 

 

 

 

リチウム電池駆動の電子機器。携帯電子機器(医療用を含む)用リチウムイオン電池のワット時定格量は、100Whを超えるが160Wh以下とします。携帯医療用電子機器の場合に限り、リチウム金属含有量が2gを超え8g以下のリチウム金属電池。

はい

はい

はい

いいえ

マッチ、安全(小型パケット1個)ライター、または小型のシガレットライター:液化ガス以外未吸収液体燃料を含まず、個人使用を目的とする携行品。ライターの燃料および詰め替え燃料は、携行品としても、受託手荷物や機内持ち込み手荷物としても許可されていません。
注意:「万能」マッチ、「青炎」または「シガー」ライターは禁止されています。

いいえ

身に
着ける

いいえ

移動支援器具:電池式の車いすまたは他の同様の移動支援器具モビリティ機器で、密閉型湿式電池または特別規定A123またはA199に準拠する電池を使用するもの。

はい

はい

いいえ

はい

移動支援器具:開放型電池またはリチウム電池による電池式の車いすまたは他の同様の移動支援器具

はい

はい

いいえ

はい

移動支援器具:電池式の移動支援器具でリチウムイオン電池駆動式(折りたたみ式)のもの。リチウムイオン電池を取り外して機内に持ち込む必要があります。

はい

いいえ

はい

はい

非放射性医薬品またはトイレタリー用品(エアロゾルを含む)ヘアスプレー、香水、コロン、およびアルコール含有医薬品、ならびに

いいえ

はい

はい

いいえ

区分番号2.2の非可燃性かつ無毒性のエアロゾル:スポーツ用または家庭用で、副次的リスクがないもの。区分番号2.2の非放射性医薬品またはトイレタリー用品および非可燃性かつ無毒性のエアロゾルの正味総量は2kgまたは2Lを超えてはならず、各品目の正味量は0.5kgまたは0.5Lを超えてはなりません。エアロゾルの放出バルブは、内容物の意図しない放出を防ぐために、キャップまたは他の適切な手段によって保護される必要があります

いいえ

はい

いいえ

いいえ

酸素または空気、気体の入ったシリンダー:ただし医療用とする。シリンダーの総重量は5kgを超えてはいけません。
注意:液体酸素システムの輸送は禁止されています。

禁止

透過装置:A41に準拠したもの。

禁止

防漏型電池を含む携帯電子機器:電池はA67に準拠し、12V以下かつ100Wh以下でなければなりません。予備の電池は最大2本まで持ち運ぶことができます。

禁止

ラジオアイソトープ心臓ペースメーカーまたは体内埋込型または体外式のリチウム電池駆動型のその他の装置、または医療処置の結果として体内に埋め込まれた放射性医薬品。

はい

身に
着ける

いいえ

 

セキュリティー機能付きのアタッシュケース、キャッシュボックス、現金袋:リチウム電池や点火装置などの危険物を組み込んだものは禁止されています。
「4.2危険物リスト」を参照してください。

禁止

非感染性の検体:少量の可燃性液体が充填されているもの。
A180に準拠している必要があります。

禁止

医療または臨床用の温度計(水銀を含むもの)保護ケースに入れ、個人使用の目的で1人につき1つまで。

いいえ

はい

いいえ

いいえ

水銀を充填した温度計または気圧計:政府の気象局または同様の公的機関の代表者が運搬する場合。

禁止

注意:2.3および表2.3.Aの規定は、Thai Vietjetで制限されています。***Thai Vietjetに現行規定を確認してください。

通貨

特別な乗客

大人

子供

幼児

コールセンター

ホットライン:
+84 1900 1886

もしくは日本地区総代理店 (+81-6-6265-2515)にお問合せください。営業時間等の詳細はこちら

情報受取の登録
登録会員

会員を登録されましたか

ログイン ここから

ご出発当日に満12歳以上14歳未満のお客様の、同伴者なしでのご搭乗条件:
· 非同伴青少年(YPTA)によるご搭乗は国内線に限られます。
· 出発時刻の24時間前までに、VietJetチケットオフィスやコールセンターを通じてお申し込みいただく必要があります。
· YPTAのご搭乗には、両親または保護責任者が記入した非同伴青少年登録フォームおよび署名入りの賠償保証書が必要です。
· YPTAには出発・到着ターミナルまでお見送り・お出迎えする方が必要です。

closeClose

小児(CHD):
- 小児とは、ご出発当日に満2歳から12歳までのお客様のことを言います。
- ご搭乗条件:
· 小児は18歳以上の同伴のお客様を必要とし、同伴者はWCH、BLND、DEAFとして特別な介助を必要とするお客様や、医師の診断書を必要とするお客様ではないものとします。
· 大人1名につき、最大で幼児1名と6歳未満の小児1名、または6歳未満の小児2名まで同伴可能です。6歳以上の小児の人数に制限はありません。

closeClose

幼児(INF):
- 幼児とは、ご出発日に満2歳未満のお客様のことを言います。
- ご搭乗条件:
· 幼児の健康状態に異常がないこと。健康状態に問題のある幼児、または未熟児のお子様は、医師の診断書が必要です(「ご出発前に医師の診断書が必要なお客様」参照)
· 生後14日未満の幼児はご搭乗いただけません。
· 幼児は18歳以上の同伴のお客様を必要とし、同伴者は上述のWCH、BLND、DEAFとして特別な介助を必要とするお客様や、医師の診断書を必要とするお客様ではないものとします。
· 大人1名に対し幼児1名とし、機内では幼児は大人の膝の上にお座りいただきます。
- 1機あたりにご搭乗できる幼児の最大人数は航空機によって異なります。

closeClose

1.車いすサービス:
a. 車いすサービスは、お体の不自由なお客様や、医療上の配慮が必要かつ歩行が不自由なお客様に提供されるサービスです。同サービスには、以下の段階が含まれます:
- 駐機場(ランプ)で車いすを必要とするお客様(WCHR)。自力で階段の昇降や機内での移動は出来るが、ランプを移動しての搭乗および降機にはお手伝いを必要とされる。
- 階段で車いすを必要とするお客様(WCHS)。自力で階段の昇降は出来ないが機内での移動は自力で出来、ランプを移動しての搭乗および降機ならびに階段昇降でお手伝いを必要とされる。
- 機内で車いすを必要とするお客様(WCHC)。単独での歩行が不可能で、ランプを移動しての搭乗および降機、階段昇降、ならびに機内の移動と離着席でお手伝いを必要とされる。

b. ご搭乗条件:
- ご出発の24時間以上前に、VietJetチケットオフィスまたはコールセンターを通じてお申込みいただく必要があります。
- ご搭乗に差し支えないご体調である必要があります。ご病気の場合、お客様の健康状態が搭乗に差し支えないことを確認するため、医師の診断書をご用意いただく必要があります。(「ご出発前に医師の診断書が必要なお客様」参照)。
- 1機あたりにご搭乗いただける車いすを必要とするお客様の数は限られており、サービスごとに異なります。
- 階段で車いすを必要とするお客様(WCHS):階段昇降時や機内においてWCHSのお客様の介助ができる健康な18歳以上の同伴者の付き添いがある場合。WCHSのお客様1名につき同伴のお客様1名が必要です。
- 機内で車いすを必要とするお客様(WCHC):機内には車いす用具のご用意がありません。条件に同意いただける場合はWCHSのお客様としてご搭乗を受け付けます。

2.目の不自由なお客様(BLND)のためのサービス:
a. 目の不自由なお客様のためのサービスは、部分的または完全に視力を失い、特別介助を必要とするお客様を対象としております。

b.ご搭乗条件:
- 同伴者がいるBLNDのお客様の場合:ご同伴のお客様がいる場合、目の不自由なお客様は通常のお客様と同様にご搭乗いただけます。ご同伴者となるお客様は18歳以上で、BLNDのお客様の介助ができる健康状態である必要があります。1名のご同伴者につき2名までのBLNDのお客様とご旅行いただけます。
- ご同伴者のいないBLNDのお客様の場合:
• 出発時刻の24時間前までに、VietJetチケットオフィスまたはコールセンターを通じてお申込みいただく必要があります。
• 全旅程においてすべて自力でご対応いただけるBLNDのお客様はご搭乗いただけます。
• BLNDのお客様は、出発ターミナルおよび到着ターミナルまで介助者にお越しいただく必要があります。

3.耳の不自由なお客様(DEAF)のためのサービス:
a. 耳の不自由なお客様のためのサービスは、部分的または完全に聴覚を失い、特別介助を必要とするお客様を対象としております。

b.ご搭乗条件:
- 同伴者がいるDEAFのお客様の場合:ご同伴のお客様がいる場合、耳の不自由なお客様は通常のお客様と同様にご搭乗いただけます。ご同伴者となるお客様は18歳以上で、DEAFのお客様の介助ができる健康状態である必要があります。
- ご同伴者のいないDEAFのお客様の場合:
• 出発時刻の24時間前までに、VietJetチケットオフィスまたはコールセンターを通じてお申込みいただく必要があります。
• 全旅程においてすべて自力でご対応いただけるDEAFのお客様はご搭乗いただけます。

4. エクストラシートサービス(EXST):
a. 追加の座席サービスは、機内の隣接する2つの席を必要とするか、隣接する2つの席があると快適にお過ごしいただける、お体の大きなお客様を対象としております。

b.ご搭乗条件:
- EXSTの要件については、チケットオフィス、代理店、コールセンターにお問い合わせください。
- お申し込み料金として、航空券予約時にもう1枚ご搭乗券をご予約ください。

5.妊娠中のお客様(PREG):
妊娠中のお客様は、チェックインカウンターでお申し出いただく必要があります。また、以下の条件を満たしていければなりません。
a. 妊娠中のお客様は
損害賠償請求権放棄についての同意書に署名する必要があります。

b.妊娠27週目から32週目までのお客様:
- 以下の条件を満たす妊娠証明書を提示いただく必要があります:
• 産科医による証明書であること。
• ご搭乗日前7日以内に発行された証明書であること。
• 母体、胎児ともに旅行しても差し支えない体調であると診断されていること。妊娠中のお客様と胎児の健康状態が旅行に差し支えると診断されている場合、医師の診断書が必要です(「ご出発前に医師の診断書が必要なお客様」参照)。

c. 妊娠32週を超えるお客様:当社ではご搭乗をご遠慮いただいております。

d.双子などの多胎妊娠、人工授精による妊娠、または胎児の成長に異常がある場合、医師の診断書が必要です(「ご出発前に医師の診断書が必要なお客様」参照)。

6. ご出発前に医師の診断書が必要なお客様:
a. 以下の1つでも当てはまる場合、ご出発前に医師の診断書を提出いただく必要があります。
- 精神疾患があり単独での行動が難しい方。
- ご病気やお怪我または健康状態により、飛行中にご本人様または他のお客様に重大な影響を及ぼす可能性がある方。
- 妊娠中の方で、双子などの多胎妊娠、人工授精による妊娠、または胎児の成長に異常がある方。
- 健康上の問題がある幼児や早産のお子様。
- 飛行中悪化する恐れのある疾患がある方(肺・耳・鼻などの病気、骨折・手術・人工授精による妊娠をしてから日が浅い方、重度のアレルギーなど)。
- 感染症を患っている方(水痘、肺結核、麻疹、耳下腺炎など)。

b. ご搭乗条件:
- ご同伴のお客様の条件:
機内での移動その他の行動を自力で行えるお客様は、同伴の介助者なしでご搭乗いただけます。
機内での移動その他の行動を自力で行えないお客様は、お客様の介助ができる健康状態の18歳以上のお客様の同伴がある場合、ご搭乗いただけます。同伴のお客様1名につきご出発前に医師の診断書が必要なお客様1名のみ受け付けます。
- 健康診断の条件:提出いただく健康証明書は以下の条件を満たしたものでなければなりません。
• 次の医療機関からの健康証明書:
ü ベトナム国内:中央、地方、市、地区または同等の一般および専門病院、私立および国際病院、国際総合診療所。
ü他国:その国での診療を当局によって認可されている、法的地位を有する医療機関。
• 健康診断書の書式は当社の
HEALTH CERTIFICATEに従うものとします。
• 診断日は搭乗日の7日以内である必要があります。
• 以下のお客様にはご搭乗いただけません:
ü 搭乗により予後が悪化するおそれのあるお客様。
ü 他のお客様に不快感を与えるおそれのある医療上の配慮が必要なお客様。
• 妊娠中のお客様は
損害賠償請求権放棄についての同意書に署名する必要があります。

7.幼児、小児、同伴者のいない未成年者、青少年のみのご旅行:
a. 幼児(INF):
- 幼児とは、ご出発日に満2歳未満のお客様のことです。
- ご搭乗条件:
• 幼児の健康状態に異常がないこと。健康状態に問題のある幼児、または未熟児のお子様は、医師の診断書が必要です(「ご出発前に医師の診断書が必要なお客様」参照)。
• 生後14日未満の幼児はご搭乗いただけません。
• 幼児は18歳以上の同伴のお客様を必要とし、同伴者は上述のWCH、BLND、DEAFとして特別な介助を必要とするお客様や、医師の診断書を必要とするお客様ではないものとします。
• 大人1名に対し幼児1名とし、機内では幼児は大人の膝の上にお座りいただきます。
• 1機あたりに搭乗いただける幼児の最大人数は航空機によって異なります。

b.小児(CHD):
- 小児とは、ご出発当日に満2歳から12歳までのお客様のことです。
- ご搭乗条件:
• CHDは、特別介助を必要としない18歳以上の同伴者と一緒に旅行する必要があります。
• 大人1名につき、最大で幼児1名と6歳未満の小児1名、または6歳未満の小児2名まで同伴可能です。6歳以上の小児の人数に制限はありません。

c.お子様のみのご旅行(UM):
- ご出発当日に満2歳以上12歳未満の、同伴者のいないお子様。
- 当社ではお子様のみのご旅行サービスは提供しておりません。

d.非同伴青少年(YPTA):
- 非同伴青少年(YPTA)とは、ご出発当日に満12歳以上14歳未満の、ご同伴者のいないお客様のことです。
- ご搭乗条件:
• YPTAは国内線のみご利用いただけます。
• 出発時刻の24時間前までに、VietJetチケットオフィスやコールセンターを通じてお申し込みいただく必要があります。
• YPTAのご搭乗には、ご両親または保護責任者が記入した
REGISTRATION FOR YOUNG PASSENGER TRAVEL ALONE FORM(非同伴青少年登録フォーム)および署名入りのWAIVER OF RESPONSIBILITY FORM(損害賠償請求権放棄フォーム)が必要です。
• YPTAには出発・到着ターミナルまでお見送り・お出迎する方が必要です。

8. 弊社は、機内でのベビーバシネットサービス、ストレッチャーサービス、酸素サービスは提供しておりません。

9.高齢者:
- 高齢者のお客様とは、60歳以上のお客様のことを言います。
- 特別な介助を必要とされる高齢者のお客様には、ご搭乗条件が適用されます。
Vietjetのチケットオフィス、空港、機内では、革命貢献者のお客様、お体が不自由なお客様、高齢のお客様、妊娠中のお客様、幼児連れのお客様が優先されます。

closeClose